青汁の効果

私が青汁を初めて飲んだときの感想は、やはり「まずい」と思いました。なんだか青臭くて、苦くて、後味が悪かったからです。
しかし、気弱体質で風邪をひきやすかった私は母に半ば強制的に飲むよう命じられました。
最初のうちは、お風呂に入ったあとに飲んでいたのですが飲む時間になると嫌な気持ちになっていました。
しかし、しばらく日にちがたつとなんだか苦いだけではなくて、甘味も感じられて飲むのが嫌ではなくなりました。
また、母のもくろみ通り完全に健康体とまではいかなかったものの風邪などをひきにくくなりました。
そして私は、さまざまな青汁メニューを考案するようになりました。
例えば、牛乳で割った青汁オレ、果汁100パーセントのジュースでわった野菜フルーツミックスジュースなどです。
また、風邪気味かなと思った時は、生姜の絞り汁とはちみつを入れて飲んだりもしています。
毎日青汁を飲むのが習慣づいてくると、例えば旅行などに行っていて飲めないときがあるとなんだか変な感じがするほどになりました。
そして、青汁を飲むことを習慣づけてくれた母には感謝しなきゃいけないなあと思います。
私も、将来子どもを授かったら自分の子どもにも青汁を飲む習慣をつけさせたいと思います。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログ記事について

このページは、Puenteが2011年2月 8日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛の体験談」です。

次のブログ記事は「これからもとても良い方法を調べられる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ